AAAA

AW609
Faster.
Further.
Higher.

What is the AW609?

ティルトローター機は、垂直に離着陸し飛行機の速度・高度で遠くまで飛行する、ヘリコプターと飛行機の良い所を組み合わせた航空機です。この技術の組み合わせと、ヘリコプターと飛行機それぞれに求められる厳しい安全設計基準をクリアすることで、AW609は他にはない独自の能力を手に入れました。

Who makes the AW609?

AW609は、イタリア・ミラノを拠点に活動する世界屈指のヘリコプター製造会社「レオナルド・ヘリコプターズ」で開発されました。レオナルド・ヘリコプターズは、安全性と高性能で評価されており、現在世界200ヶ国5,000機のレオナルド・ヘリコプター製ヘリコプターが活躍しています。
 

A milestone in Aviation History

世界発の民間型ティルトローター機は、ヘリコプターの持つ垂直離着陸と飛行機のスピード/飛行高度を兼ね備えた航空機として長年に亘り研究・開発を続けており、民間旅客輸送に要求される安全性要求に基づき設計・開発・製造され、2019年12月末現在のテスト飛行時間は1,600時間を超え、FAA(米国)およびEASA(欧州)にて一般の乗客を乗せて安全に運航できるという観点で旅客機と同様の各種安全基準の厳格な審査が進められています。

 

Safety comes first

安全性は全てのフライトにて常に優先されます。AW609も妥協することなく最高の安全水準を提供します。レオナルド・ヘリコプターズは、航空機の開発を通じてワールドクラスの設計能力を提供しています。

•  旅客輸送に必要不可欠な離陸中にエンジントラブルが発生しても安全に着陸できる能力を保証

•  デジタル式フライバイワイヤがパイロットの負荷を軽減し操縦に集中できる

•  万が一片方のエンジンが不作動になった場合の性能や両方のエンジンが不作動になった場合のオートローテーションなど、基幹システムに対して何重もの冗長性を有す 
※オートローテーション:ローターを下から上に通過する空気によってローターを回転している飛行状態

•  厳しい着氷状態でも飛行可能にする防氷装置

•  全てのトランスミッションで30分のドライラン能力を証明済み
 ※ドライラン:オイルが完全に枯渇した状態で機能し続ける能力

 

AW609 in Japan

AW609は日本の都市部と遠隔地のつながりに変化をもたらします。傷病者の搬送や人員輸送に理想的に適合したAW609は、滑走路の建設など自然環境を破壊する大掛かりなインフラ整備を必要とせずに、本州と離島をつなぐ革命的な可能性を持っています。

Missions & Features

Mission ready

AW609が提供する真の地点間輸送。例えば空港までの渋滞や到着の遅れを回避し、時間を効果的に使い、あなたの旅をシンプルにします。与圧式キャビンとスムーズな空の旅で、あなたは完全にリフレッシュされ、次の会議や休暇に備えることが出来ます。

Outstanding technology

高度25,000フィート(7,600m)で飛行するAW609は、悪天候により計画を台無しにすることはありません。最新のビジョンシステムと格納式の着陸灯が、昼夜を問わず、あなたを目的地まで送り届けます。

Exceptional cabin flexibility

高強度複合材で製造されたAW609のキャビンには、最大8座席までの様々なシートオプションあり、1.50 mの通路を通じ各シートに簡単にアクセスできます。リフレッシュメントセンターとラバトリーが、あなたのフライトをさらに充実させます。

Tailor-made solutions

隅々までパーソナライズできることがAW609の顕著な特徴です。長年に亘り世界中のお客様の設計を手掛けている経験豊富な設計チームが、機能と品質の完璧な組み合わせを提供します。

Mission ready

プロペラ機とヘリコプターの性能を併せ持つことにより、捜索救難(SAR)や急患搬送(EMS)の応答時間とカバーエリアが大幅に改善されます。 スピードと航続性能が医療センターへの迅速な輸送のための距離の課題を克服します。この能力が、AW609を、病院間での傷病者や臓器の移送に理想的な手段にします。

Outstanding technology

暗視ゴーグルに対応可能な最新のCollins Aerospace Fusionアビオニクスは、3つのタッチスクリーンディスプレイにより状況認識を向上させ、デジタル式フライ・バイ・ワイヤはパイロットの負担を軽減します。

Exceptional cabin flexibility

開口部の広いドアと600ポンド(272kg)吊り上げ可能なホイストが、救助活動を容易にします。また、程よい高さのドアにより、2台のストレッチャーをすばやく搬入でき、 与圧され医療機器の整ったキャビンとプロペラ機のような飛行プロファイルが、シームレスな医療行為を可能にします。

The AW609 Advantage

外傷直後の重要な局面、回復不能な被害や人命の損失を防ぐため緊急のケアが必要な場合、AW609は非常に有効な資産です。ヘリコプターのように垂直に離陸し、最大275 ノット(509km/h)で加速し現場に急行。ヘリコプターの能力をはるかに超えています。飛行機のように着氷状態でも計器飛行(IFR)で高度25,000フィートを最大1,000nm飛ぶことができ、飛行機では不可能な海面まで高度を下げホバリング(空中静止)からホイスト救助することが可能です。

Mission ready

報道取材が多様化すると、AW609の速度と航続距離は新たなスタンダードを作ります。この革新的な能力により、さらに長距離・長時間の取材が可能となり、複数機を配備することなく急を要す取材映像等を視聴者へ迅速に届けることが可能になります。

 

 

 

 

Outstanding technology

米国の耐空性審査要領の厳しい設計基準や新しいティルトローター固有の基準を満たすため、AW609は旅客輸送に必要不可欠な性能である、片側エンジン不作動状態(OEI)、オートローテーション(※ローターを下から上に通過する空気によってローターを回転している飛行状態)、トランスミッションの30分間のドライラン(※オイルが枯渇した状態で正常に機能する能力)および防氷システムなど、様々な安全基準を完全に満たしています。

Exceptional cabin flexibility

与圧された安全で快適なキャビンには最大9人の乗客を収容可能です。この柔軟なキャビンと独立した貨物室が、いざというときには地上での取材をサポートするための人員や機材等の収納・搬送を可能にします。

Maximize Operations

従来型ヘリコプターでの飛行時間を半減させることで、映像取材の生産性を最大化します。また、既知の着氷状態でも雲の上を飛行することで、取材現場までのルート上の天候状況による飛行中止を最小限に抑えます。

Multi-role capability

AW609は、官公庁向けも次世代の地点間輸送を提供します。この複数の役割を持つ航空機は、要人輸送、海事、災害時の救助・非難など多用途に貢献します。

Border Patrol

素早い展開/撤収、救助、警らのための理想的なプラットフォームです。例えば海岸線から300nm以上飛行する能力は、国境や洋上警備、長距離監視、水域や漁業の管理など幅広い活躍が期待できます。

Disaster Relief

AW609の汎用性は、捜索救難(SAR)、傷病者/医療避難、人道支援活動など、さまざまなミッションに対応できます。与圧された安全で快適なキャビンで救助した場所から適切な医療施設まで迅速に直接飛行できるのはユニークな利点です。

Outstanding Performance

特別なミッションには、AW609の高速、長距離、垂直や短距離での離着陸(V / STOL)、低騒音など特別な能力が求められます。このような能力が、今まで出来なかったミッションを達成可能にします。

Technical data

Talk to an expert
確認するテキスト CAPTCHAの更新

Contacts

Leonardo
〒100-0013
東京都千代田区霞が関三丁目2番1号
霞が関コモンゲート西館24階
電話:03-5860-9828



Via Giovanni Agusta, 520
21017 Cascina Costa di Samarate (VA) – Italy
T: +39 0331 229111
For any further information
Contact Us
表示するデータが見つかりません。